おすすめ車中泊スポット

新東名高速道路下りの車中泊スポット5選!東京→名古屋のSAで休憩しながら安全に旅行を楽しもう!

SA・PAで車中泊すると深夜割引が適用される?!

SA・PAで一晩過ごすことで、深夜割引(3割引)が適用されることが最大のメリットと言えるでしょう。
たとえば東京から名古屋までの高速料金が7320円です。
これに深夜割引が適用されると5120円となり、実に2000円以上も割引されるのです。

深夜割引は夜0時~4時の間に高速道路上にいれば適用されます。
詳しくはNEXCOの公式サイトをご確認ください。
https://www.driveplaza.com/etc/dis/etc_dis_night/

下り線(東京→名古屋)の車中泊スポット

①足柄サービスエリア下り

厳密には新東名ではなく東名高速道路のサービスエリアなのですが、現状では新東名高速道路とつながっているため、こちらに記載しています。

ここは東名、新東名高速道路上にてもっと車中泊に適した場所と言えるでしょう。
その理由としてまず、大型車(トラック)と小型車の駐車場が分けられているということです。
夜間のサービスエリアは多くのトラックが利用します。多くのトラックがエンジンをかけたままの状態で
休憩しているので、エンジン音がうるさく、近くにいると安眠出来ない可能性があります。

この足柄SAは大型車と一般車の駐車区画が完全に分かれているのでエンジン音に悩まされる心配があまりありません。
ただ、時期によっては大型車用の駐車場がいっぱいで、小型車用駐車場まで溢れて止まっていることも見受けられます。
エンジン音に悩まされないようになるべくトラックからは離れた位置に駐車するようにしましょう。

二つ目の理由として、ここには入浴施設「あしがら湯」があります
午前10時~翌朝8時までと、長い時間営業しているため便利です。
また、コインランドリーも設置されているため、長旅の際に車中泊する場所としては最適と言えるでしょう。

それと標高が約400mあるので、他のSAよりも夏は若干過ごしやすいです。

閉店間際だとこのように割引されることも

②駿河湾沼津サービスエリア下り

足柄SA同様に、大型車と小型車の駐車場が完全に分かれているサービスエリアです。
ただしこちらの方が駐車場が狭く、駐車可能台数が少なくなっています。
施設としてはコンビニやフードコートはもちろん24時間営業しています。
入浴施設はありませんが、コインシャワー、コインランドリーがあるので車中泊にうってつけな場所と言えるでしょう。

また、駐車場からは駿河湾や夜景が一望できるビュースポットがあります。

③静岡サービスエリア下り

こちらのサービスエリアは大型車と小型車兼用の駐車スペースがあるので注意しましょう。
なるべく大型車とは離れて駐車することでエンジン音に悩まされず、安眠できるようにしたいですね。

施設としてはコインシャワー、コインランドリーあり、もちろんコンビニ、フードコートは24時間営業です。

④浜松サービスエリア下り

ここも大型車と小型車の駐車スペースが分かれているので比較的安心して車中泊することが出来ます。
ただし、駐車場が他のSAと比べて狭いため、大型車が小型車用のスペースになだれ込んでくる可能性は高いので駐車位置には注意しましょう。

ここのフードコートは24時間営業している店は1店舗しかないため少し寂しい印象があります。
コインシャワー、コインランドリー、コンビニ(ミニストップ)は24時間営業しているので便利です。

⑤岡崎サービスエリア下り

新東名高速道路で最も新しいサービスエリアです。
ここは上下線とも同じ施設を使用する作りになっています。(駐車場は別)
大型車と小型車の駐車スペースは分かれていますが、大型車が簡単に小型車スペースに入ってこられる作りになっているため、大型車スペースからあふれたトラックがなだれ込んできます。
駐車位置をしっかり考えて止めないと、最悪トラックのすぐ隣でエンジン音に悩まされながら車中泊する羽目になるでしょう。

ここのフードコートは24時間営業しているお店がラーメン屋1店舗しかないので少し寂しいですね。
名古屋の有名な味噌カツ店「矢場とん」があるので、ご当地名古屋飯を堪能するのもいいと思います。

ABOUT ME
うぃんとむ
日本に住んでるインドネシア人女性の「うぃん」と 生まれも育ちも日本の男性「とむ」の二人で運営しています。 「とむ」の車中泊歴は10年、車中泊のお得な情報をお届けします。